フンメル人形 TMK-1

エステートセールでよく見かける人形に、フンメル人形とリアドロがあります。
私は上品なリアドロ人形より、可愛い仕草の子供たちのフンメル人形の方が好きです。

黄色の花柄の食器を購入したお宅では、フンメル人形も買いました。
私の持っているフンメル人形の中では、最安値。
$4の値札が付いていましたが、最終日の半額で、$2でした。

花びらをちぎって、好き嫌いを占っている男の子。
タイトルは、"She loves me, she loves me not." です。


f0300716_14364873.jpg

バックスタンプには、Made in U.S. Zone Germanyとあります。
"Made in Occupied Japan" のバックスタンプは見た事があるますが、このスタンプは初めて見ました。
ドイツも日本と同様に第二次世界大戦の敗戦国なので、一時、アメリカの占領下にあったのですね。

f0300716_14370146.jpg

フンメル人形は刻印で、作られた年代で刻印が違うので、作られた年代が容易に判別できます。
一番古い年代の人形がTMK-1と呼ばれ、2000年以降の最近の人形はTMK-8と分類されています。

詳しくは、下のリンクに書かれています。Made in US-Zone Germanyのバックスタンプから、1946年から1948年の間に作られた人形と判ります。
ヒットラーの時代が終わり、敗戦国となったドイツ、その混沌とした時に、このお人形が作られたのですね。


$2だった理由は、大きなダメージが数か所あった為と思われます。
後ろの木の柵が折れて接着剤で付けている所が数箇所と、小鳥の尻尾が折れて無くなっています。
更に、首にも修正箇所が見えるので、多分、頭が取れてしまったのだと思う。


f0300716_14371030.jpg

ダメージはありますが、古いお人形です。大事にしたいです。
[PR]
by mintmint36 | 2017-03-31 01:23 | ビンテージ | Comments(0)

Merry Chiristmas!

クリスマスがやって来ました~。
ここ数日、まとまった雨が降ったロサンゼルスですが、今日はスッキリ晴れました。
冬でも、ちょっと厚着すれば、暖房なしで過ごせるLAはありがたいです。

部屋に飾ったフンメルの絵と同じお人形が欲しくて、購入したのがこちらです。

f0300716_03163586.jpg

絵の女の子の方が満面の笑みで愛らしいのに比べて、やや老け顔です。(笑)
フンメル人形は、作られた年代でお人形の顔が違い、このお人形で、もっと老け顔の女の子を見た事があります。

右側の女の子が一人だけで立っているお人形もあります。

f0300716_03165931.jpg

一人で立っている女の子の方が同じ服装だけど、可愛い。

後姿です。

f0300716_03170973.jpg

内緒話する女の子と一緒に購入したフンメル人形です。

ニワトリに餌をあげる女の子。赤いほっぺの健康そうな顔、表情、服装、仕草と文句なしに可愛い。

f0300716_03171748.jpg

リンゴの木の女の子。こちらの女の子もとても可愛いです。

f0300716_03172632.jpg

後ろ姿。

f0300716_03173385.jpg
 

現在の棚です。

f0300716_03173931.jpg

素敵なクリスマスをお過ごしください。
[PR]
by mintmint36 | 2016-12-26 03:44 | ビンテージ | Comments(0)

フンメル人形

クリスマスの近いこの季節にピッタリなお人形と言えば、やはりフンメル人形だと思います。
フンメル人形は、若くしてこの世を去った、シスター マリーア・イノツェンツィア・フンメルの絵を元にして、作られたお人形です。

購入した古いフンメルのガイド本の中に、シスターの写真や彼女の描いた絵が数枚載っていました。

f0300716_09055179.jpg

彼女が描いた絵です。お人形の愛らしさそのままの可愛い絵です。

f0300716_09071073.jpg

エステートセールでシスターフンメルの描いた絵が二枚部屋に飾られいて、売りに出されていたので、購入しました。

二人の女の子が内緒話をしている様子が生き生きと描かれていて、とても愛らしい。

f0300716_09063763.jpg

こちらは、クリスマスキャロルが聞こえてきそうな、冬の寒い日に街灯の下で、4人の男の子が真剣に歌っている絵です。
約100年前のドイツの子供たちが服装が、ジャケットに革靴といういでたちでオシャレ。

f0300716_09064868.jpg

縦56㎝、横46㎝の大きな絵で、リビングルームに飾りました。

f0300716_03103200.jpg

実は、この絵を元にしたフンメル人形を最近購入したので、次回紹介したいと思います。

[PR]
by mintmint36 | 2016-12-24 09:56 | ビンテージ | Comments(0)

ロサンゼルスでの出来事

先日、バスに乗っていた時の出来事ですが、ドライバーは黒人の若い男性でした。
乗客の程んどが中国人の年配の人たちで、混んでは無く、かと言ってガラガラに空いていたでもありませんでした。

そこへ、白人の老人が乗り込み、ドライバーに何か声をかけて、運賃を払わずに前列の椅子に座りました。
多分、彼はシニアパスは持っているけれど、ポケットから出して、機械にタップする事が面倒だったのでしょう。
ドライバーはパスをタップするように、老人に言いますが、不自由な彼の手でなかなかパスを探すのに時間がかかっていました。

ドライバーは、運転席から立ち上がり、男性の前に立ち、「You must tap.」と言って譲りません。

やっとパスを見つけた男性は、ドライバーにカードを差し出すのですが、彼は受け取らず、自分でタップするように、催促します。
このやり取りの間中、老人はヘラヘラと笑い、隣の座っていた中国人のおばあさんの同意の促す笑い顔を浮かべていました。

なかなかバスが走りださず、乗客たちは、このやりとりを見ているしかありません。

最後に、白人男性が立ち上がり、パスをタップして、バスは何事も無かったかの様に走り出しました。

アメリカでバスを利用するのは、低所得者か、運転免許を持たない年配の人、または、外国人です。
運賃を払えないけれど、ドライバーが乗車させてあげる事は、珍しい事ではありません。それなのに、執拗に老人にパスをタップさせようとする行為は見ていて、気分の良い事ではありません。

老人が黒人男性でも、黒人ドライバーは同じ事をするのかしら。と思ってしまいます。

もしかしたら、ドライバーは黒人の老人でも同じ事をしたかもしれない。でも、その場にいた人たちは、どうしても、黒人ドライバーが白人老人に嫌がらせをしているように、見えてしまう。

差別って、自分ではそうとは気が付かず、周りで見ている人には人種の違いから、そう映る事もあるのだと、その時、感じました。

11月ですが、今日も汗ばむ暑さでした。
オットと久しぶりに、アンティークモールに行きました。

f0300716_14245555.jpg

たくさんのフンメル人形がありましたけれど、お値段高くてビックリ。

f0300716_14244395.jpg

[PR]
by mintmint36 | 2016-11-14 14:32 | LA生活 | Comments(0)

I am Stacey.

Hi! I am Stacey.

日本生まれだけど、イギリス人でバービーのお友達よ。
美人でしょ。
長い間、ガレージで埃だらけになっていたのを、綺麗に拭いてもらって、久しぶりにスッキリしたわ~。

f0300716_100454.jpg


スタイルだって、抜群に良くて、足も曲げられるし、ウエストだって、ひねれるのよ。
見た目若く見えるけれど、1969年生まれなので、もうすぐ50だわ~。イヤネェ。

f0300716_1003217.jpg


まつ毛バサバサよ。

f0300716_100424.jpg


1969年~1971年の3年間だけに作られたので、私ってレアなのよ。
[PR]
by mintmint36 | 2016-08-15 10:16 | ビンテージ | Comments(0)

Cabinet radio

今日は、July 4th、 Independence Day の祝日ですが、私も夫も仕事でした。

町行く人は、国旗のデザインのTシャツを着たり、子供たちも星条旗に合わせた服装をしていて可愛かったです。
数週間前くらいから、花火屋さんのテントをあちらこちらで見かけるようになり、今日は、大勢の人が花火を買い求めていました。

今は、バンバン凄い花火の音が聞こえます。

ニクソン元大統領が暮らしたWhittier のお家では、もう一つ購入した物があります。
こちらの、GE社のUnder Cabinet Radio です。

f0300716_12462559.jpg


日本では、あまり見ない形のラジオかと思いますが、キッチンのキャビネットの下に取り付けて、台所仕事をしながら、場所を取らずにラジオが聞けて、更に、ライトで手元も明るくする事も出来る、なかなか優れ物です。

キッチンのキャビネットに付いていたこのラジオを夫が欲しがって、エステートセールの業者の方にドライバーを借りて、外しました。

つい最近まで、何方かがラジオでクラシック曲を聴いていたみたいです。スイッチを押すとクラシックが流れました。

我が家でも、キッチンに付ける事を考えたのですが、キャビネットに穴を開けるのが、ちょっと嫌だったので、ソファーの隣に置いてある棚に取り付けました。

今は、ソファーに座って、ラジオを聴きながら、iPadでインターネットが使えて、とても快適です。

ライトも付くので、棚の中を照らす事も出来ます。棚の中は、時々中身を変えて、ライトアップを楽しみたいと思います。(^^ゞ
[PR]
by mintmint36 | 2016-07-05 13:17 | ビンテージ | Comments(2)

選挙公約

Whittierでのエステートセールで購入した品々です。

紫陽花柄の摂氏と華氏の温度が分かる温度計、スタインバッバのオーナメント、そして、1968年発行のPeanuts のポストカードと本です。

f0300716_522515.jpg


1968年は、アメリカ合衆国大統領選挙の年で、ニクソン元大統領が勝利し、第37代大統領に選ばれています。

1968年発行の物なので、当時のキャンペーンに使われた物として、大事に保管していたのかもしれないに、私が持って良いのかしら。

f0300716_541186.jpg


ルーシーはファーストレディー候補なのね。今なら、LUCY for president かしら。なんとなく、ヒラリーさんとイメージが重なる。

f0300716_532566.jpg


The Peanuts platform (ピーナッツの選挙公約)も1968年発行です。
中を少し紹介すると、ページ数は、30ページあり、中のページの色がアメリカの国旗カラー、赤、白、青が交互に使われています。

f0300716_544028.jpg


f0300716_55466.jpg


f0300716_553261.jpg


選挙公約が書かれていて、最後のページが素晴らしい。”幸福を全ての人に!”

f0300716_555659.jpg


2016年の今年は、アメリカ大統領選挙の年です。
トランプ氏かヒラリー氏のどちらかが、大統領に選ばれるのでしょうが、今回のイギリスのEU離脱投票にしても、歴史を顧みても、過激な発言をする人には、何かを変えてくれる事への期待感から、人々の票を集める傾向にある様に思う。

今の自分の生活が苦しいので、過激な発言をする指導者が現れると、その嘘が見抜けず、自分の生活が楽になる事を期待しがちですが、政治家のトップが変わったからと、生活が大きく向上する人はそうはいない。(逆はある。)

どんな時代でも、今与えられた現状で、個々が努力し、生活の向上を目指すべきであり、過剰に政治家に期待してはいけません。

私は外国人なので、アメリカで選挙に参加できませんが、大統領には、冷静な判断ができる人になって欲しく、一部の人の利益にだけ働く人にだけは、絶対、選ばれて欲しくない。

Happiness for everyone!

もう一つ購入した物がありますので、それは次回紹介したいと思います。
[PR]
by mintmint36 | 2016-07-01 06:21 | ビンテージ | Comments(2)

Estate Sale in Whittier.

リチャード・ニクソン元大統領は、カリフォルニアのYorba Linda の生まれです。
Yorba Linda には、私も何度か訪れた事がある、Nixon Presidential Libraryがあります。

以前に私が、Nixon Presidential Libraryを訪れた時の写真と文章に興味がある方は、こちらをどうぞ。

Wikipediaによると、幼少期は、「貧しかったが幸せだった。」と語っているが、1922年に引っ越した母の実家近くのウィッティアでは、父の店の経営は軌道に乗り、しかも母の実家が裕福であったことから、ピアノやヴァイオリンを習う余裕もあるなど、当時のアメリカの平均的な家庭と比べて決して貧しいものではなかった。


この文章にある、Whittierにある、母方の祖父母の家で、エステートセールがありましたので、行ってきました。
エステートセールの業者の方によると、この家は、ニクソン元大統領も暮らした事がある家で、現在も母方の祖父母の末裔の方が所有しています。

とても広い敷地にこの美しい家が建っています。

f0300716_10250100.jpg


家の内部は、多分、二クソン元大統領が暮らした当時のままで、古き良きアメリカを感じました。 
クリスマス映画の定番、”It's a Wonderful life"で出て来る家を彷彿させる、階段の手すり、ドア、窓枠等が重厚な作りで、裕福だった生活が窺えます。

家具はどれも古く、とてもとても古そうな本、スクラップ本が多数ありました。

ニクソン元大統領の生まれた家、その後、引っ越した先の家と訪れる事が出来て、私が子供の頃の憧れの地アメリカ、そして、そのカリフォルニアに住んでいる事を、不思議な思いで、再認識する事が出来ました。

f0300716_1031990.jpg


こちらの可愛いお家で、数点の物を購入しました。
購入した品々は、次回紹介したいと思います。

ニクソン元大統領も使った品かも?!
[PR]
by mintmint36 | 2016-06-30 11:22 | お出かけ | Comments(2)

Salty & Peppy

フンメル人形を購入したお宅では、日本製のSalt & Pepper 入れもゲットしていました。

かなり古そうですが、中には塩と胡椒がが入って、キッチンに置かれていたので、現役で使われていた様です。

顔の表情が可愛い。

f0300716_623634.jpg


Salt & Pepper入れにしては、やや大きいです。(隣はエッグスタンド)

f0300716_6232675.jpg


数日前の危険な程、暑い日は一日だけで、朝晩は涼しくなり、日中もエアコンなしでも過ごせます。
[PR]
by mintmint36 | 2016-06-24 06:42 | ビンテージ | Comments(0)

Tustin estate sale

今日の最高気温は、41℃。危険な暑さです。
仕事を終えて外に出たら、遠くの山で山火事を起きていて、白い煙がモクモクと上がっていました。

週末に行ったTusinでのエステートセールは、パイレックスとコーニングの販売をビジネスにしていた方の家でありました。

家の中、庭の倉庫の中に棚が配置され、大量のパイレックス、コーニングが置かれていたので、多分、ここで生活していたというより、倉庫として使っていたと思います。

埃、蜘蛛の巣の状態から、相当長い間、放置されていたようです。

私は、最初に、大きなゴキブリが食器の中で死んでいるのを見てしまって、すっかり戦力を失い、早く帰りたくて、夫に何度も”帰りたい”の合図を送るのですが、夫には、段ボールの中から何かを掘り起こす楽しみがあったのか、なかなかか帰りません。。

庭にあった倉庫には、大量のコーニングが柄毎に分かれて、以前は、整然と並んでいたと思われますが、床には、割れた食器が散乱し、どの食器も凄い埃が積もっていました。

倉庫の入り口には、男性が立っていて、ここは、危険地帯だからと、中に入れるのは、3人だけと入場制限。
この倉庫から出た私は、手は真っ黒、ズボンも埃だらけ。。

食器は、全て未使用で、見た事の無い柄もたくさんありました。
その中で、私が選んだのは、コレールのお皿、大、中、二枚ずつ。洗ったら綺麗になりました。

f0300716_845360.jpg


家の中の高い所の棚に埃まみれ、蜘蛛の巣も付いていましたが、可愛い柄で、手の取るとFiggjoでした。

北欧食器をエステートセールで見かける事は、殆ど無いので、嬉しかったです。

f0300716_844644.jpg


中にも、柄が入っていて、とても可愛い。

f0300716_8442616.jpg


大量のパイレックスのミキシングボール、ティーポット、コーヒーポットが庭で雨ざらしになって、酷い状態になっていましたが、こちらは、家の中で見つけましたし、柄なしのボールは珍しいので、選びました。

f0300716_8444348.jpg


夫は、箱の中から、パイレックスのレフの蓋を大量に発見。
レフは蓋なしの状態で売られているか、蓋があっても欠けている事が多いので、綺麗な蓋が見つけられて良かったです。

早く処分したかったみたいで、どれもお安い価格で、購入出来ました♪
[PR]
by mintmint36 | 2016-06-21 09:35 | ビンテージ | Comments(0)