<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クリスマスツリー

クリスマスまで、あと約ひと月と迫り、街や店頭もすっかりクリスマスの飾りつけですね。

来週のThanks giving dayが終わったら、我が家もクリスマスの飾り付けだな~と思っていた、この時季に、エステートセールでちょうど良いサイズのクリスマスツリーを見つけて購入しました。

時々、エステートセールやスリフトでクリスマスツリーを見かけましたが、箱に入った状態なので、大きさや葉の茂り状態がちょっと把握しにくくて、今まで購入には、至らなかったのですが、今週末に行ったお宅では、このツリーが箱に入らず、この状態でドーンとガレージに置かれていました。

家に帰って、早速、飾りつけしました~。前のツリーだと、重くて飾れなかった、スタインバッハのオーナメントも飾れます♪

暗くなってから撮影したので、手ぶれでブレブレですが、こちらです。

f0300716_10255952.jpg


所々にモミの木の実が付いている、なかなか素敵なツリーで、満足な飾りつけが出来ました。

f0300716_10261068.jpg


部屋にクリスマスツリーがあると、幸せな気分になりますね。
[PR]
by mintmint36 | 2016-11-21 10:52 | ビンテージ

ロサンゼルスでの出来事

先日、バスに乗っていた時の出来事ですが、ドライバーは黒人の若い男性でした。
乗客の程んどが中国人の年配の人たちで、混んでは無く、かと言ってガラガラに空いていたでもありませんでした。

そこへ、白人の老人が乗り込み、ドライバーに何か声をかけて、運賃を払わずに前列の椅子に座りました。
多分、彼はシニアパスは持っているけれど、ポケットから出して、機械にタップする事が面倒だったのでしょう。
ドライバーはパスをタップするように、老人に言いますが、不自由な彼の手でなかなかパスを探すのに時間がかかっていました。

ドライバーは、運転席から立ち上がり、男性の前に立ち、「You must tap.」と言って譲りません。

やっとパスを見つけた男性は、ドライバーにカードを差し出すのですが、彼は受け取らず、自分でタップするように、催促します。
このやり取りの間中、老人はヘラヘラと笑い、隣の座っていた中国人のおばあさんの同意の促す笑い顔を浮かべていました。

なかなかバスが走りださず、乗客たちは、このやりとりを見ているしかありません。

最後に、白人男性が立ち上がり、パスをタップして、バスは何事も無かったかの様に走り出しました。

アメリカでバスを利用するのは、低所得者か、運転免許を持たない年配の人、または、外国人です。
運賃を払えないけれど、ドライバーが乗車させてあげる事は、珍しい事ではありません。それなのに、執拗に老人にパスをタップさせようとする行為は見ていて、気分の良い事ではありません。

老人が黒人男性でも、黒人ドライバーは同じ事をするのかしら。と思ってしまいます。

もしかしたら、ドライバーは黒人の老人でも同じ事をしたかもしれない。でも、その場にいた人たちは、どうしても、黒人ドライバーが白人老人に嫌がらせをしているように、見えてしまう。

差別って、自分ではそうとは気が付かず、周りで見ている人には人種の違いから、そう映る事もあるのだと、その時、感じました。

11月ですが、今日も汗ばむ暑さでした。
オットと久しぶりに、アンティークモールに行きました。

f0300716_14245555.jpg

たくさんのフンメル人形がありましたけれど、お値段高くてビックリ。

f0300716_14244395.jpg

[PR]
by mintmint36 | 2016-11-14 14:32 | LA生活

アメリカ大統領選の終了

一カ月以上もブログを放置してしまいましたが、私もオットも元気です。

10月は、長期で休暇を取っている人のカバーで、休日も働き、疲れましたが、その分、ちょっと収入が増えて嬉しい。

さて、長かった大統領選が終わって、大方の予想に反して、トランプ氏が選ばれましたね。
ロサンゼルス、それもアジア人の多い市に住んでいるので、自分がマイノリティである事をすっかり忘れていましたが、アメリカには、白人というだけで、他の人種より優れていると勘違いしている人達が多くいる事を再認識させくれた、今回の結果です。

トランプに投票した人が多く住む州には、私や夫のような、英語もまともに話せないアジア人には、とても住みにくいのでしょうね。
実は、ロサンゼルスに住む事になったのは、私たちの選択では無く、夫の会社の社長さんの判断でした。

最初の頃は、物価や住宅費の高いロサンゼルスに住む事になって、やや不満でしたが、今回ほど、ロサンゼルスを選んでくれた社長さんの感謝した事はありません。
ボキャブラリーの少ない私の英語でも楽しく仕事ができるのは、私と大差ない英語を話す人たちが多くいるこの地だったからと思っています。

そんな移民を排除したいと堂々宣言する大統領で、この先どうなるのでしょう。

今後、イギリスのEU離脱に投票した人たちみたいに、トランプ氏に投票した事を後悔するのか、それとも、意外とアメリカ経済が良くなって、トランプ氏を選んで正解だったと言われるのか。

ヒラリー氏も認めていたが、トランプの子供たちって、まともですよね。

トランプの滅茶苦茶な言動は、低所得者、高卒の白人の共和党支持者層の受けを狙ったもので、本当はまともで、オバマケアに変わる国民保険を作ってくれて、安心して病院に通院できて、安い薬も手に入り、病気や大きな怪我をすると破産するのでは無いかという不安を解消する日本のような医療制度を作ってくれたら、歴代の大統領が出来なかった事を成し遂げた大統領として、後世に名が残ると思うけれど、無理だろうな~。

[PR]
by mintmint36 | 2016-11-11 07:40 | LA生活

Vintage(やや古い)に囲まれた生活


by mintmint36
プロフィールを見る