カテゴリ:DIY( 44 )

タイルアート その後

以前、タイルアートとして紹介した作品がやっと完成しました。以前のブログはこちら

アメリカのバスルームで、良く見かけるmedicine cabinet(薬入れの棚)が浴室の壁に組み込まれてありました。
実際に付いていた物は処分してしまったので、画像はお借りしていますが、こんな感じでミラー付きのキャビネットでした。(もちろん、こんなに綺麗ではありません。)

f0300716_753615.jpg

シンクの前にミラーがあるので、シンク右側の壁に面してあるキャビネットにミラーが付いている必要は無いので、キャビネットだけの物を、最初探しました。

Ikeaやホームセンターで見ましたが、ピン来る物が無く、夫に頼んで、キッチンで使った残りのタイルを使い、見せる収納の棚を作ってもらう事にしました。

キャビネットを取り外した事で出来たスペースに、前回紹介した、木枠を嵌めこみます。

ちなみに、バスルームの壁は夫が黄色に塗り、ドアノブ、キャビネットのノブ、タオル掛け等のアクセサリーは、全てゴールドで揃えています。(このスペースだけが、なぜがゴージャス。)

f0300716_7205058.jpg

壁に出来た隙間をどうするかが、大きな問題で、タイルを貼るか、base moldingで囲むか等、試行錯誤の上、額縁を使う事にしました。

スリフトで額縁を購入して、木枠のサイズに合わせて切り、壁に貼り付けました。

茶色の額縁でしたので、そのままでは地味なので、ゴールドのスプレイペイントを塗りました。

f0300716_764225.jpg

額縁と壁に出来た隙間には、棒状のタイルが埋め込まれています。予想以上に、素敵に仕上がったと思います。

f0300716_773574.jpg

さて、出来あがったこのスペースに、何を置くか?歯ブラシ?花?

f0300716_793530.jpg

中央に透明な棚を作ってもらい、飾り棚として、使う予定です。
[PR]
by mintmint36 | 2015-11-06 08:04 | DIY | Comments(0)

Tile art ?

夫が現在、タイルを使って、ある物を製作中です。
タイルはキッチンの壁で使ったメキシカンタイルが4枚と水色タイルが残っていたので、それを使っています。

先ず、木枠を作ります。
f0300716_8341334.jpg

水色タイルを張り付けます。
f0300716_8362622.jpg

4枚しかないメキシカンタイルは、縦に並べたり、斜めにしたりと、色々やってみて、結局、中央に置くことにしました。
f0300716_84224.jpg

目地材を入れます。
f0300716_839013.jpg

スポンジで表面を磨いて出来あがりです。
f0300716_8531230.jpg

出来あがった作品は、ある場所に設置します。

つづく。
[PR]
by mintmint36 | 2015-08-31 09:11 | DIY | Comments(0)

椅子 DIY

かなり前に夫がゴミ置き場に捨てられていた椅子を持ち帰って来ました。
雨ざらしにしてしまったので、拾って来た当初より、更にヒドイ状態に。。。

f0300716_133338100.jpg

夫に再三、「ペンキを塗るか、再びゴミ置き場にお返しして。」と言っても、いつまでもそのままの状態で置かれていて、見た目が悪いので、私がペンキ塗りに挑戦する事にしました。

壁のペンキ塗りは、夫に強い拘りがあるみたいで、「私もやってみたい。」と言っても頑としてやらせてくれないので、今回初のペンキ塗りです。

f0300716_13343391.jpg

ペンキ塗り、楽しいね♪
[PR]
by mintmint36 | 2015-07-13 13:53 | DIY | Comments(0)

ワインラック

夫がエステートセールで購入したワインラック。
このラックを買う人は、まずいないだろうと思われるサビサビで汚~い。

何かを磨いてピカピカにする事が大好きな夫には、このサビサビを見ると遣り甲斐を感じるようで、早起きして出勤前に紙やすりを使ってゴシゴシ。休日も朝からゴシゴシ。

f0300716_11381754.jpg

かなりの時間と労力を費やしてピカピカにしました。(ピカピカの状態を写真に撮る前にペンキを塗ってしまって、写真はなし。)

ペンキはスプレーペンキを使用しているので、艶ピカに仕上がりました。元から付いていた汚い車輪は外して、新しい車輪付けて完成。

夫、大満足の一品です。(笑)

f0300716_11393436.jpg

我が家に大量にあるブービーグラスとワインを並べてみました。

f0300716_11454414.jpg

夫、毎日ボトル一本のワインを飲むので、この12本のワインも12日後には綺麗に無くなります。。
[PR]
by mintmint36 | 2015-06-15 12:15 | DIY | Comments(0)

Bed room DIY 4

ベッドルームのフローリングが、ほぼ完成しました♪

釘も接着剤も一切使わずに、綺麗に仕上がったと思います。
傾斜のあった床も一部の床下を持ち上げた事で、ほぼ平らになり、最初に組み立て時に感じた、凹凸感も無くなりました。

f0300716_7191591.jpg

Base Molidingと壁に隙間がありますが、これは仮に付けている状態で、今後、接着剤を付けて壁にぴったり付け、フローリングの最後の部分に微妙に残った部分を埋める作業を終えると完成です。

f0300716_723414.jpg

床と壁の色で、暗い印象だった部屋が随分明るくなりましたし、なんと言っても、新しいフローリングは気持ち良~い。

今使っているベッドルームより、この部屋の方が広く、西日も入らず、やや涼しいので、完成後はこちらを寝室として使います。

f0300716_7213120.jpg

小さい方のベッドルームのフローリングもリモデルする予定です。
[PR]
by mintmint36 | 2015-06-08 08:02 | DIY | Comments(2)

Bed room DIY 3

ベッドルームのフローリングの材質はバンブーにしました。

床材を購入したお店の人から、板同士は接着剤で付ける必要があると言われ、接着剤も一緒に購入しました。
しかし、夫曰く、接着剤を付けてしまうと、何か問題が生じた時に、やり直せないし、将来床を張り替える時に、困難になるからと、接着剤は使わず作業をする事にしました。

f0300716_88347.jpg

部屋の約半分のフローリングを仕上げた所で、上を歩いてみると、窓側の部屋の傾斜がある部分が、床がプカプカして沈む箇所があり、気になる。。。

そこで、せっかく組み立てた床を剥がして、傾斜の為に空間が出来ている部分に前のフローリングの板を挿入して、再度組み立てました。
f0300716_811016.jpg

プカプカしていた部分は、気にならなくなりましたが、今度は板の段差が上からはっきり分かり、これも気になる。。

次は、もっと広範囲に隙間を埋める事で、段差を減らす事にし、この日の作業は終了。この時、夫かなりグッタリ。

殆ど作業を手伝っていない私が言うのはなんですが、フローリングの交換は、部屋が平らなら、それ程難しい作業ではありません。板を切る作業がありますが、それが出来れば、後は、どんどん組み立てるだけです。
[PR]
by mintmint36 | 2015-05-25 08:40 | DIY | Comments(0)

Bed Room DIY 2

壁のペンキ塗りが終了したので、床の張り替えに入りました。

床は前オーナーが絨毯からフローリングに変えています。
彼らは、ここに7年しか暮らしていないので、それ程古く無く、リビングルームと違って靴で歩きまわる事が少なかったからでしょう、殆ど痛んでいません。

ただ、フローリングの色が好みで無い。
f0300716_1122432.jpg

日本人は畳文化だから、フローリングは畳の色に近い、明るい色が好みで、アメリカ人は、靴文化なので、汚れが目立たない濃い色が好みの様に思う。

日本人の私としては、もっと明るい色に変えたい。

床交換の作業に入る前に夫が心配していたのは、床材が接着剤で張り付いていると、床を剥がす作業が困難になる事です。

ランドリールームの床の張り替えは接着剤を剥がす作業が大変だった。
その時の様子はこちら

ベッドルームの床は剥がしてみるとラッキーな事に、接着剤は全く使っていなくて、板同士を嵌めこんでいました。

f0300716_1125531.jpg

全体のフローリングを剥がす作業は、簡単に短時間で出来、その下にはブルーのクッションシートが敷かれてました。
このシートは綺麗なので、このまま使う事に。
f0300716_115382.jpg

この部屋の問題点は、一階よりも前に突き出ている部分があり、その為、その部分が下にさがり、傾斜を作っている事です。

この事は、購入前のインスペクションで知っていたのですが、検査してくれた人から問題無いと言われていました。

しかし、床の張り替えとなると、この傾斜がある為に難航です。。
[PR]
by mintmint36 | 2015-05-18 14:39 | DIY | Comments(0)

Bed room DIY 1

二つあるベッドルームの寝室として使っていない方の部屋のリモデルを始めました。

この部屋は割と広く、天井も高いのですが、殆ど使う事無く、物置きか、たまに私が使うミシン部屋となっていました。

写真では、壁の色が分かりにくいのですが、やや暗いグリーンです。壁の色と床の色のせいで、部屋の印象が暗いので、壁の色を明るい色に変えたいと思っていました。
しかし、現在持っている脚立では、壁の上方のペンキが塗れません。

高く伸びる脚立を、この壁のペンキ塗りだけの為に購入するのもな~と思って、なかなかこの部屋のリモデルを始められないでいました。

f0300716_81810100.jpg

ミシンが置いてある机を夫が見て、「この上に脚立を乗せたら、何とか上方の壁のペンキも塗れるかも。」と言うので、試してみる事にしました。

f0300716_8181847.jpg

机が重たいので、安定感があり、何とか行けそうです。夫が脚立に乗り降りする時は、危険なので、私が脚立を押さえていて、机をずらしながら、部屋上方の壁のペンキを塗る事にしました。

夫は脚立に昇ったり降りたりと、いつも使わない筋肉を使ったみたいで、翌日は筋肉痛になったみたいですが、ペンキは三度塗りして二日かけて仕上げました。

f0300716_8183119.jpg

写真では、水色に見えますが、寝室なので、無難にグレーを選びました。
一番上の写真とあまり変化が感じられないかと思いますが、夫のペンキ塗りの腕前は、プロ級なので、とても綺麗に仕上がり、明るい部屋になりました。
f0300716_8172199.jpg

Base molding(壁の下の白い板)も白いペンキを塗り直しました。

さて、次は床の張り替えです。
[PR]
by mintmint36 | 2015-05-09 09:19 | DIY | Comments(0)

窓のあるKitchen

夫が作ったキッチンの現在です。小さいキッチンですが、明るくて、とても気に入っています。

f0300716_843674.jpg

日本では、木造の古い一戸建てに住んでいたので、キッチン流しが低く、かなり前かがみで洗い物をしなければならなので、直ぐに腰が痛くなりました。
更に、夏は暑いし、冬は寒くて、台所仕事は嫌いでした。

現在のキッチンは、私の身長に合わせて、アメリカでもやや高めにキャビネットを設置して貰ったので、真っ直ぐ立って洗い物が出来ます。

キッチン窓の前には、東京の街並みと違って、高い建物も無いので、明るい日差しが入り、鳥のさえずりも聞こえて、嫌いだった食器洗いも楽しいです♪

キッチン右側です。

f0300716_8431046.jpg

右側の小皿は、Goodwillで見つけたArabia Finlandのwall plateです。$1.99の値札が付いていましたが、半額カラーで三枚$3でした。(素敵!)
前の持ち主が壁に飾っていた様で、お皿には、針がねが付いましたので、夫に壁に釘を打って貰い、そのままの針がねを引っ掛けて壁に飾りました。

33さんの影響で、セラミックの食器を買ったりします。
[PR]
by mintmint36 | 2015-04-06 09:32 | DIY | Comments(5)

ドアノブの交換

夫のDIYが、暫く止まった状態で、それに伴い私のブログの更新も止まった(?)⇐言い訳

最近、夫がペンキ塗り等を再開しているので、お見せします。

エステートセールで家の内部を見せてもらったお家で、ガラス製のドアノブが付いていて、ビンテージな食器と合って、とても素敵だったので、私の家にも取り付けたい!とネットで探しました。

Home Depotで、割とお手頃な値段でありましたので、寝室とランドリールーム用に二個購入しました。

このドアノブは、ひと時代前のタイプのドアノブの構造で、ノブの後ろ側の丸い輪をドアにネジで止めるので、最近のドアノブでは穴の大きさが大きすぎてネジが止められません。

ネットで調べると、半円形の木を嵌めこむみたいなのですが、簡単にカッターで切る事が出来るワインのコルクを使いました。
コルクは木のコルクでは無く、安いワインに付いているアレです。我が家は毎日、このコルクが一つずつ増えていく~(涙)。
f0300716_529477.jpg
取り付けました!中に安いワインのコルクが入っているとは、誰も思いません。
f0300716_530316.jpg
ピカピカ光って、綺麗です。(満足)
f0300716_5304868.jpg


More
[PR]
by mintmint36 | 2014-09-23 06:18 | DIY | Comments(2)