ロサンゼルスでの出来事

先日、バスに乗っていた時の出来事ですが、ドライバーは黒人の若い男性でした。
乗客の程んどが中国人の年配の人たちで、混んでは無く、かと言ってガラガラに空いていたでもありませんでした。

そこへ、白人の老人が乗り込み、ドライバーに何か声をかけて、運賃を払わずに前列の椅子に座りました。
多分、彼はシニアパスは持っているけれど、ポケットから出して、機械にタップする事が面倒だったのでしょう。
ドライバーはパスをタップするように、老人に言いますが、不自由な彼の手でなかなかパスを探すのに時間がかかっていました。

ドライバーは、運転席から立ち上がり、男性の前に立ち、「You must tap.」と言って譲りません。

やっとパスを見つけた男性は、ドライバーにカードを差し出すのですが、彼は受け取らず、自分でタップするように、催促します。
このやり取りの間中、老人はヘラヘラと笑い、隣の座っていた中国人のおばあさんの同意の促す笑い顔を浮かべていました。

なかなかバスが走りださず、乗客たちは、このやりとりを見ているしかありません。

最後に、白人男性が立ち上がり、パスをタップして、バスは何事も無かったかの様に走り出しました。

アメリカでバスを利用するのは、低所得者か、運転免許を持たない年配の人、または、外国人です。
運賃を払えないけれど、ドライバーが乗車させてあげる事は、珍しい事ではありません。それなのに、執拗に老人にパスをタップさせようとする行為は見ていて、気分の良い事ではありません。

老人が黒人男性でも、黒人ドライバーは同じ事をするのかしら。と思ってしまいます。

もしかしたら、ドライバーは黒人の老人でも同じ事をしたかもしれない。でも、その場にいた人たちは、どうしても、黒人ドライバーが白人老人に嫌がらせをしているように、見えてしまう。

差別って、自分ではそうとは気が付かず、周りで見ている人には人種の違いから、そう映る事もあるのだと、その時、感じました。

11月ですが、今日も汗ばむ暑さでした。
オットと久しぶりに、アンティークモールに行きました。

f0300716_14245555.jpg

たくさんのフンメル人形がありましたけれど、お値段高くてビックリ。

f0300716_14244395.jpg

[PR]
by mintmint36 | 2016-11-14 14:32 | LA生活

Vintage(やや古い)に囲まれた生活


by mintmint36
プロフィールを見る